コラム

Column

エンジェル投資家とは・2

2021年01月27日

「エンジェル投資家とは・1」では、
出資についてとエンジェル投資家がなぜ投資してくれるのかについて説明しました。
今回は、エンジェル投資家から出資を受けるメリット・デメリットについて説明していきます。

メリット

1. 資金返済の義務がない
エンジェル投資家から出資された資金はあくまで投資ということになるので、銀行などからの融資と違って返済義務がありません。返済に伴う利子なども一切支払う必要がありません。
2. 経営などに関しての助言が得られる
エンジェル投資家は、投資家である前に事業で成功した一流起業家であることが多いです。
そのため起業し会社を経営していくうえでの知識や経験など、様々なノウハウを持ち合わせているので経営者に対しての助言や

忠告などのアドバイスをもらえることも多いです。
3. 人脈が広がる可能性がある
前述のとおり、エンジェル投資家は経営者としての実績がある人が多く幅広い人脈(ネットワーク)を持っていることが考えられます。
そのような方から出資を受けた場合、投資家が持っているネットワークを活かした人脈構築が可能となります。

デメリット

1. 経営に関与してくる
エンジェル投資家にも様々なタイプの投資家が存在します。
経営に関してあまり口を挟まない投資家もいれば、逆に深く関与してくる投資家もいます。
2. エンジェル投資家を見つけづらい
エンジェル投資家自体そう簡単に見つかるものではありません。
また事業内容や取り扱う商材など、投資家の心を引きつけるような魅力あるものでない限り現実的にエンジェル投資家を見つけることは難しく、

見つけるには時間や労力が必要となります。
3. 出資額が低い場合が多い
会社で行おうとしている事業内容にあわせ、一度に多額な資金調達が可能なベンチャーキャピタル(※1)に対し、
エンジェル投資家はあくまで個人投資家となるので出資額も数百万円~数千万が一般的です。
(※1)株式公開を目指すような将来が期待される企業などに対し、会社の株式を取得して出資を行う投資会社で、

出資する際は銀行などの金融機関と同じような厳しい審査があります。
4. 会社を成長させる責任が伴う
エンジェル投資家が投資する理由でも解説しましたが、
投資家は会社の成長を期待しています。また、それを会社に要求する権利があります。

エンジェル投資家の見つけ方

1.直接アプローチをする
エンジェル投資家として活動している起業家や経営者などに
メールやTwitterのDMなどで直接連絡し自分を売り込むといったやり方ですが、何もつてが無い状態で連絡しても可能性は低いため、
知り合いの起業家や経営者に紹介してもらうのが理想的ではあります。
2. 交流会やセミナーなどに参加する
起業家交流会やセミナー、起業に関連するイベント会場には起業家だけではなくエンジェル投資家も参加していることがあります。
3. マッチングサイトを利用する
資金調達が必要な起業家と出資をおこないたいと考える投資家を結びつけるサイトで、
起業家が簡単にエンジェル投資家を探すことができます。このようなマッチングサイトに登録している人は、
元起業家の人というよりは一攫千金を狙った個人の投資家である場合が多いです。

残念ながらエンジェル投資家を名乗って詐欺を働く人も存在します。
特にサイトを通じて投資家を探すマッチングサイトにおいては注意が必要で、サイトによっては管理がずさんなところも存在します。
そのため、マッチングサイトを利用してエンジェル投資家を探す際は、
そのサイトの信用性に加えて投資家のプロフィールなどもしっかりチェックする必要があります。
そもそもエンジェル投資家から出資を受けるというのは決して容易なことではありません。

最後に

お金を得るというより、強力なアドバイザーを得るというのがエンジェル投資家の本来のメリットです。
単純に資金調達をしたいのであれば手段は他にもありますので、広く選択肢をもって検討するようにしましょう。