コラム

Column

ベンチャーキャピタルとは・2

2020年07月20日

「ベンチャーキャピタルとは・1」では、
ベンチャーキャピタルの役割としくみについて説明しました。
今回は、ベンチャーキャピタルから投資を受けるメリット・デメリットについて説明していきます。

ベンチャーキャピタルから投資を受けるメリット

1.財務状況が改善し、借入れが受けやすくなることがある
ベンチャーキャピタルから投資を受けた企業は、「ベンチャーキャピタルから「企業の事業内容やビジネスモデルが評価された」と世間へ認知させることができます。

更には、次の事業展開に向け追加出資を募る場合、ベンチャーキャピタルからの出資が既存である場合には、ない場合に比べ格段に追加投資を受けやすくなる可能性があります。

初回に出資をしたベンチャーキャピタルがリードベンチャーキャピタルとして他のベンチャーキャピタルに声をかけてくれるケースも散見されます。

2.事業提携しやすくなる
ベンチャーキャピタルから投資を受けている企業同士が意見交換を実施する場をベンチャーキャピタルがセッティングしてくれるケースがあり、有望なベンチャー企業同士が事業提携をすることで、更なるシナジー効果を得られる場合があります。
有望なベンチャー企業同士の意見交換会では、銀行からの調達についての相談等、同じ境遇、悩みを抱ええている企業同士で意見交換を行うことができ、有意義が時間となっているようです。

3.経営サポートを受けられる
ベンチャーキャピタルには、多くの企業へ投資した経験があり、さまざまなスキルやノウハウが蓄積されています。
それらのノウハウの提供を受けることで、自社事業の展開を加速させることができます。

ベンチャーキャピタルから投資を受けるデメリット

1.株式買取請求を迫られることがある
「株式上場やM&Aによる会社売却などが予想どおりに進まなくなった場合、株式買取を迫られる可能性がある」ということです。
ベンチャーキャピタルの目的は、将来性がある企業に投資して利益を得ることです。
そのため、利益が生み出せないと判断すれば、投下資本回収を行う可能性があります。
2.経営への干渉を受けることもある
一概にデメリットとはいえませんが、ベンチャーキャピタルから経営への干渉を受けることもあります。
自社が目指している経営の方向性がベンチャーキャピタルによって影響を受け、経営陣が描いた理想が崩れてしまうこともあります。

最後に

自社の事業プランに共感してくれるベンチャーキャピタルから資金調達ができれば、事業を加速させることができるでしょう。
「会社の上場を目指したい」あるいは「大きな成長を目指したい」という経営者であれば、
ベンチャーキャピタルのメリットとデメリットを理解した上で、うまく活用していくことをおすすめします。