コラム

Column

「監査法人」とは・1

2020年08月27日

監査法人の存在を知ってはいても、監査法人とは何なのかを語れる人は多くはありません。
そこで、ここでは監査法人についてして解説していきます。

監査法人の役割

簡単に言うと監査法人とは、企業の財務書類が法的に問題ないかをチェックする機関のことです。
もし決算報告に誤りや、意図的な隠ぺいや虚偽の報告があったら会社の一大事となります。
そこで、第三の会社である監査法人は公正な立場で監査をする役割として必要なのです。

監査とは

監査とは「規則や法律上の問題が無いか」「適正かどうか」を確認することです。
何を監査するかによって名称が変わり、下記のように様々な監査があります。
・会計監査
・内部統制監査
・品質監査
・業務監査
・環境監査
・システム監査
・個人情報保護監査
これらを総称して「監査」と言います。会計監査は、監査の中の1つです。

会計監査とは

監査法人が行う「会計監査」とは、企業等が作成した決算書・財務書類が適正かどうかを監査することです。
証券取引法や商法などの各種法令に基づいて、適切な会計処理がされているかをチェックし意見書や報告書を提出します。
企業等において、その会計監査を担当する個人や法人を会計監査人と言います。

なぜ必要なのか

理由は、財務書類の信頼性を確保するためです。信頼性確保により、下記の内容を保護することが会計監査の目的です。
・債権者・投資家等の利害関係者の保護
・企業・法人等の適正な事業活動の継続
・国民経済の健全な発展

企業に融資をしている金融機関・債権者や投資家は、その企業の財務状況を見て取引を判断します。
しかし、企業が作成した決算書には誤りがある場合や、意図的に粉飾決算が行われている可能性もあります。
債権者や投資家が、それらを調査することはできません。
そこで、独立した第三者が決算書等を精査し、その正確性を証明することで、安心して取引を行えるようになるのです。
ここでいう「独立した第三者」とは、以下のようなことを指します。
・会計記録に関与していない
・監査対象の企業等と利害関係がない
・公正で客観的な視点で監査を行える

有限と無限

監査法人には、下記の2種類があります。
・無限責任監査法人
・有限責任監査法人
それぞれについて解説いたします。
【無限責任監査法人】とは、全社員が無限連帯責任を負う監査法人のことです。
監査上のミスなどで損害賠償責任が生じた場合に、監査法人の資産で支払いきれない時は、
社員の個人財産で賠償するのが、無限責任監査法人です。
【有限責任監査法人】とは、社員が無限責任を負わないことが認められている監査法人です。
しかし、下記の通り責任が全く無い訳ではありません。
各監査業務の担当社員(指定有限責任社員)/担当の事案に対して無限責任を負う。
各監査業務の担当外の社員/担当外の事案に対して、各自の出資額を上限として、損害賠償責任を負う。

万が一、監査法人が損害賠償請求をされても、担当者以外には、自分の出資額を超える負担は生じないという制度です。

 

監査法人とは・2 に続きます